<   2012年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猪は串本大橋を渡った

e0258208_2144345.jpg


 その日、われわれ5人はフェリーで大島に渡った。

 「こんにちは日本共産党です」リーフの配布が目的だ。5人が受け持ちの区域に散った。最終のフェリー時刻に間に合うように集合しようと決めた。が、その時刻が近づくのに1人だけが戻らない。

 先に帰ったんやでという者、いやのろい奴やから間に合わんのと違うんかという者。結局、最終の便で串本に戻ると大水崎のフェリー乗り場に彼はいた。みなからボロカスに言われベソをかいていた。20歳代の思い出だ。

 やがて大島に橋が架かった。便利にはなるが、はたしてええんやろかと論じ合った。「ええに決まったあるやろ。ビラまき車で行けるんやで」 「あのなあ、そあな問題と違うやろ」などと。

 今日、串本に行き仲江たかまる町議と行動した。大島の人に聞くと、この橋が架かるまで大島には一頭の猪もいなかったそうだ。それがいま、たくさんの猪に悩まされているという。猪は串本大橋を渡ったのだ。
 (写真向こうに見えるのが串本の町)
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-30 21:28 | Comments(0)

嘘つきは政治家のはじまり


e0258208_20241316.jpg
e0258208_21214.jpg


 午前中、新宮市仲ノ町商店街に行きすべてのお店を訪ねた。同行してくれたMさんによれば「今日は開いてる店がすけない」らしい。約2時間近くかかったが、50軒ほどと挨拶をかわし対話を重ねた。

 あるご主人がいう。「昔は嘘つきはドロボーのはじまりやったが、いまは嘘つきは政治家のはじまりやなあ」と。ある奥さんがいう。「日本はもう根本から変わらなあかんね」と。

 また別のご主人がいう。「しかしまあ、あの人らは恥ずかしいっていう気持ちがない人種なんやろか」と。また別の奥さんがいう。「消費税10%らて、どこの店がそんなもん納められるんよお」と。

 みなさんが消費税増税に怒り、呆れている。「ポスターより若いなあ。応援するよお」との声を背中にうけて、周り終えると正午を過ぎていた。午後は、写真のように二つの地域で「つどい」があり参加した。どちらも15人ほどが参加してくれた。(写真上は仲ノ町商店街、下は「つどい」だが携帯で写りが悪い)
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-29 21:29 | Comments(0)

海辺の町で

e0258208_12141615.jpg


e0258208_12143292.jpg



 朝、「つどい」があるから来てほしいと、Mさんからの電話。

 近所の人たちに声をかけた、朝の10時からですという。行くとMさんご夫妻もふくめ15人が集まってくれた。40分ほど、紀伊半島を駆けめぐっていて感じていることや消費税の問題などを話し、懇談をさせてもらった。

 古座川町では戦前に地域で電気をつくり地産地消していたことを紹介したら、富里でもつくって電灯をつけるのに使っていたんだよと教えてもらった。

 海抜2・7メートルのMさんのお宅。話は大津波にどう備えるかに。町内会でも避難タワーの補強など取り組んでいるが、避難できない高齢の人はどうするのかとわいわいがやがやの話になり盛り上がった。

 消費税という税金は買い物のたびに取られる税金だから、他の税金と違う不公平がある。話はそこから日本の社会保障の貧しさの根本に迫ってゆきました。

 「応援するでえ」 「絶対に勝ってよ」 との声。はじめてお会いする方たちばかりでしたが、もう旧知の間柄のように。記念撮影しようとの声があがりパチリ。




 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-28 12:38 | Comments(2)

若い入党

e0258208_1992338.jpg



 30歳の女性の入党に立ち会った。

 彼女は二児のお母さんでもあるのだが、呼びかけに素直に応えてくれた。「子どもがいるので土日の会議は無理よ」と実に屈託がないし、党員になることに特段の決意もないし、それでいいと思う。

 若い世代が生きてゆく上で、いまの日本は戦後のどの時期よりも複雑な難しさがあるように思えてならない。よく「自己肯定感」を持ちにくいといわれるが、いまのような管理教育・競争教育のもとで育った経験のない高齢世代には、これは分かりにくい現実ではないだろうか。

 年輩の世代がかつて社会主義や共産主義に出会ったような道筋では、いまの若い世代はそれに近づくことはできないだろう。しかし、いまはnetがあり、twitterがあり、瞬時に激動の世界とつながることができる・・・、新しい出会いの道もまたそこではありうる。

 「自己肯定感」を模索することは「連帯」を求めることにもなりうるだろうし、日本共産党こそがいまそういう場になれればと、彼女がペンを走らせるのを見ながら思った。 (真夏の真っ白浜・去年)
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-27 19:10 | Comments(3)

菱垣廻船と中(なか)

e0258208_171521100.jpg



 菱垣廻船(復元されて試運転)だ。

 地元の党支部の集まりに呼ばれ、白浜町中(なか)にある広畑としお町議のお宅にお邪魔した。実は、この中というところは菱垣廻船とは切ってもきれない縁がある。

 江戸時代、上方から江戸への海運の主力となったのが菱垣廻船。商人たちは、その船に木綿、油、酒、醤油、紙、などの日常の物資やみかんなどを積み、江戸へと運んだのである。

 そもそもは1619(元和5)年に、堺の商人(あきんど)が富田浦の250石積の廻船を借りて江戸に向けて出航したのが菱垣廻船の始まりだ。富田浦というのは中のことだ。

 それ以後、江戸に富田屋など数軒の問屋が創業し菱垣廻船問屋が成立。最盛期には160隻もの廻船が上方と江戸を航行したらしい。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-27 15:11 | Comments(0)

コマリヤマ

e0258208_2014772.jpg


 コマリヤマという名の小島。 

 子どもの頃はこの島によく渡った。潮が引けば50センチから100センチくらいの浅瀬になるので、泳いだり釣竿をもって渡ったりした。その頃はガシラがよく釣れたのだが。

 親戚のうちの前に小さな浜があり、夕刻、そこから撮った一枚だ。ここは池田湾で、左後に写っているのは畠島(ハタケジマ)。南方熊楠で有名な神島(カシマ)も近くにある。コマリヤマは畠島の島嶼群(とうしょぐん)で地図には名さえない。

 もう数十年もの間、この島に渡っていない。直径50~60メートルの無人の小島なのだが、あの頃は海にもぐってはバイ貝を採り、その場で焼いては食べたりしたものだ。

 田辺湾内のそのまた小さな湾内でいつも池のように波がない。シャッターを切りながら、無意識に「いっかい渡ってみるかあ」とつぶやいていた。

 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-25 21:10 | Comments(0)

市江から日置川へ

e0258208_1751266.jpg



 市江崎は雨。

 かつてこの地は原発反対の闘争が熾烈をきわめた。その市江をMさんの案内でまわった。あれから30数年が過ぎ、この漁村の男にも女にも顔のシワが深く刻まれている。

 訪問すると、消費税の次には原発が話題になる。「のお、原発をやっつけておいてほんまによかったなあ」と、どの家でもそう言う。関西電力がいまだに原発を建設したがっていることをみんな知っている。「あいだけの事故起こしといて、なに言やんな」。

 午後は日置川町の後援会の「つどい」に呼ばれ、「いま日本で何が起きているのか」というテーマで40分ほど話をさせてもらった。 「TPPを許したらあかん」 「いま山が荒れている。なんとかせんとあかん」 「原発を食い止めた当時を思い出す」 - 総選挙での躍進を写真のみんなで誓い合った。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-24 17:55 | Comments(0)

江須の川

e0258208_16502253.jpg




 すさみ町江須の川。

 午後、ここの集会所で「つどい」があり13人のみなさんが参加された。

 古老のお話では、昭和12年に当時の紀勢西線(きせいさいせん)が江住まで延び、工事の人たちもたくさん来ていちばん賑わっていたという。当時、江住小学校だけで400人の児童がいたが、いまは江住と見老津(みろず)の小中あわせて30人だ、とも。

 写真を注意深く見ていただくとお分かりかと思うが、背の低いイスが並べられていた。地域の集会所にこの背の低いイスが完備されているのはあまり見たことがないので珍しかった。高齢の人にはこれが楽なんだという。

 「年金が低すぎる」 「鳥獣保護法を改めてくれないと獣が増える一方や」 「海のもんと山のもんと物々交換してるけど、収穫前に獣にやられてワヤや」 「消費税を値上げしたら確実に景気がわるくなる」など、次々に意見が出され熱のこもった議論がつづいた。

 「わしは思想的には違うけど、共産党に伸びてもらわなどもこもならん」 「大阪で何十年も暮らしてたさか行たり来たりしやるけど、向こうでも共産党に入れようって言うよ」など、終わってからも次々に話しかけてくれた。
 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-23 17:19 | Comments(0)

梅雨のひぬま

 旧田辺市内を訪問した。

 梅雨のひぬまの午後で陽射しが容赦ない。歩きはじめた頃は少し風もあったが、それも次第にやみ凪(な)いだ。水気を持っていなかったので途端に頭が痛くなってきた。熱中症の兆候だ。道ばたの自販機でドリンクを買いはよはよ飲んだ。

 Mさん宅に若いカップルが来てくれミニ「つどい」になった。「日本共産党が他のすべての党と根本的に違うのは、資本主義社会を乗りこえて社会主義の社会をめざしていることです。その社会主義というのは旧ソ連などとはまったく違うものです」と。

 お二人はいま取り組んでいる仕事のきびしさや理想を話してくれた。生い立ちもお聞きした。新しい政治を創りだしてゆくのも、それを担ってゆくのも若い世代だ。日本共産党がかかげる未来社会とお二人の思いが共鳴したひとときだ。(写真、右からMさん、お二人、自分)



e0258208_16103015.jpg

[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-22 16:18 | Comments(2)

気軽に呼んで

 終日、日高郡内をまわった。

 「つどい」が二ヶ所で開かれた。懇談では原発や消費税、民主党政権の裏切りなどに意見が集中した。1時間~2時間の懇談だが、話はつきないで時間が延びてゆく。

 「日本人ってどうしてもっと怒らないの」 「こんなに踏みつけにされ痛めつけられているのに」 「年金を受け取りだした頃と比べたら4万円も減ってる」・・・みなさんのお話は切実なものばかりだ。

 お話をうかがいながら、「新しい政治」を真剣に探求する大きな流れが起きていることを実感する。しかも、その願いを叶える方向は日本共産党と無党派のみなさんとの共同でこそ開かれる。

 林業分野や農漁業、原発、年金や介護、消費税など、どの問題でも共同できる可能性がひろがっている。友だち同士の3~4人規模の集まりに、気軽に呼んでいただければと思う。
 写真は「つどい」参加のみなさんと携帯で一枚。



e0258208_7404323.jpg

[PR]
by hara-yasuhisa | 2012-06-21 07:44 | Comments(0)


折ふしのうた


by hara-yasuhisa

プロフィールを見る
画像一覧

ホームページ
e0258208_23203916.jpg


原やすひさの動画はこちら

最新の記事

中村のおいやん
at 2017-11-26 13:42
 信号機もコンビニもない町で..
at 2017-10-29 12:55
息子の写真
at 2017-10-11 14:49
 夏が過ぎてゆく
at 2017-08-23 16:01
劉暁波の死
at 2017-07-15 09:54
潮香ただよう叔母の家
at 2017-06-29 14:18
もの言えば
at 2017-05-31 22:00
 戦争には行かせない
at 2017-05-03 20:00
 ゆう(息子)の誕生日
at 2017-04-07 09:55
 若い世代と学習
at 2017-01-27 16:06

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

最新のコメント

 ミルトスさん  ..
by hara-yasuhisa at 12:36
今回の選挙、共産党は残念..
by ミルトス at 21:40
 こねろくさん  ..
by hara-yasuhisa at 08:04
こんばんは、初めまして。..
by こねろく at 21:07
親父は今ある病気で同じ和..
by しもかわ at 23:33
親父からの伝言 こんどの..
by さちよ at 20:47
嬉しい報告です。 共に..
by 中津たかし at 23:50
ろうそくの灯りって、なん..
by 弘井淑子 at 23:27
ですね、負けてたまるか、..
by 弘井淑子 at 00:28
もうちゃん、お変わりござ..
by hara-yasuhisa at 22:47

検索

画像一覧


アクセスカウンター