<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 青年僧

e0258208_9125132.jpg


 この寺を訪ねてから1年以上が過ぎた。

 どれほどの期間、修行するのかと聞くと、それは人によって違いますという答えだった。短期の僧もいれば数年間という僧もいるとのこと。

 階段を過ぎてゆく後姿を少しの間見送った。まだ若い、20歳そこそこの青年僧だ。

 遠いが、時間ができたらまた訪ねてみたいと思う。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-31 09:20 | Comments(0)

 こだまのように

e0258208_21453322.jpg



  詩ってなにかと問うひとがいる
  さあなんなんだろうと自問する 
  15歳から書いている
  ぼくにとっては折ふしの想い
  だから
  自分とはなんなのかと問い
  そのことでまたペンが走る
  たまたまこのページに入ってきた
  あなた
  よければぼくの想いを眺めてから
  遠くの空に飛びたちなさい


  この半島をゆく風は
  懐かしい風景へぼくをはこぶ
  清流が幾すじもの河になって
  真っ青な空を映しながら
  山々をぬって流れ
  ひとびとのあたたかい話し声が
  こだまのように響いている
  いま
  変わり果てたふるさとに立ち
  目を閉じて思い出している
  あの頃のふるさとに
  姉とふたりで遊んだ
  あのときの夏の山や河に
  みんな帰ろうよと
  まっすぐに話かけている
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-28 21:48 | Comments(1)

 かつお

e0258208_215710.jpg
e0258208_2152562.jpg



 申し訳ない、気がしないでもない。

 キャラバン宣伝の10日間は、はっきりいって食生活はみじめだった。それを察知してくれて、最後の日くらいは美味しいものをたべませんかと、松坂ひでき県議と堀江まちこ有田川町議が案内してくれた。

 もう、言葉はありません。 ” 美味しい ” のひとことだけだ。疲れをとるにはニンニクをたっぷりつけてと、なかなか気が利いている板長だ。

 カツオのたたき、刺身、旬のものをご馳走になった。お二人に感謝感謝。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-27 21:06 | Comments(3)

 別の道がある

e0258208_21174565.png


 田植えが終わり、まだ早苗の水田でカエルたちの鳴き声が合唱する南紀州。これから田んぼに水を入れて代掻きをする北紀州。紀伊半島はいま、梅雨を迎えつつそこここで夏が準備されている。
 

 10日間の県下縦断キャラバン宣伝がさっき午後7時半、金屋町で終了した。北山村など一部に行けなかった自治体を残したが、ほとんどの自治体を踏破した。10日間、実にたくさんの人々と出逢った。「つどい」もあり演説会もあり、街頭でもたくさんの見知らぬ方々と握手を交わした。

 「若い世代に思いきって投資して、紀伊半島に活気をとり戻そう」という訴えに、たくさんのお年寄りから強い反応が返ってきた。自転車を止めじっと聴いていたおばあちゃんが、「わたしとこも二人の息子が都会に出て行ってしまった。帰ってきても暮らせんもん、来いへんわ。あんた原さんていうんか、あんたの言う通りや、応援するよ」と握手を求めてきた。

 さまざまな形で物心の激励をもらった。アベノミクスの実態が明らかになりつつあり、国づくりの別の道があることを訴えつづけることの大切さを痛感した。ひとりでもふたりでも多くの心に届けと参議院選挙に挑みたい。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-26 21:17 | Comments(0)

 「さあ やるぞ」の演説会

e0258208_1946237.jpg
e0258208_19463565.jpg


 面白い演説会だった。

 土曜日の午後2時から、しかも暑いさなかということで少し心配だったが、会場は満員だった。橋本市からは数台のマイクロバスが到着した。

 1部が演説、2部が質問に答えるという形式。出口で、「お二人の持ち味が出ててよかったですよ」と言われた。

 宮本たけし衆院議員は「小さい自分に遊んだ町や」ということで、いわば古里だ。だからか、口調も滑らかにすべっていた。
 僕も会場のムードに溶けてぶっちゃけトークになった。橋本市議の阪本さんも、かつらぎ町議の東芝さんも、「原さんが和歌山県をどうするのかを話してくれたのがよかった」と言っていた。

 かつてない人数から、かつてない募金が寄せられたとのことで、話し手としてはうれしい。参加者と気持ちがかみ合い、さあやるぞ という場になった。宮本たけしさん、おおきに!







 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-25 20:02 | Comments(5)

 平和の羅針盤

e0258208_221615.jpg


 今日はもう、夏もいいとこだ。

 暑い、演説してても汗が吹き出してくる。宣伝カーの助手席に座っているが、水とスポーツ飲料は必要不可欠だ。

 夕方、日高町で平和行進があり、集会で挨拶した。戦後、南極条約が結ばれてから世界の非核地帯は南米大陸、アフリカ大陸、南太平洋の国々、東南アジアへと広がり、南半球はすべて非核地帯となったし、北半球でも非核地帯がひろがっていると話した。

 そこにはいつも憲法9条、特に憲法前文が世界中で羅針盤の役割を果たしていたし、これからも果たして行かないといけない。

 夜、みなべ町で演説会があった。メイン弁士だったので45分いただいて話をさせてもらった。明日の午後も、粉河町ふるさとセンターで演説会がある。お時間のある方はお越しください。











 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-24 22:34 | Comments(0)

 風の日

e0258208_22341646.jpg



  キャラバン宣伝で田辺市に入った。

 合併してのち、田辺市の面積は全国でも有数の広さで、とても一日や二日ではまわれない。昼間、「橋下発言」への抗議集会が開かれ、そこで報告させてもらった。

 その後、漁協を訪問して燃油の高騰や漁業の課題になどについて組合長さんなどと懇談した。漁業を取り囲む苦境を吐露されたが、つくづくご苦労が多いだろうと推察した。

 末広で聴いてくれていたふたり連れの女性に駆け寄ると、「暑いから疲れるやろねえ、若い人を応援する話はほんまにええわ。うちも息子二人とも都会に出て行ったままやもん」といい、握手を交わした。

 風の強い春の日、スピーカーから出る声も吹き飛ばされそうな気配だ。田辺市議の久保ひろつぐさんが終日同行してくれた。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-23 22:37 | Comments(1)

 若者に投資を

e0258208_2055268.jpg


 新宮市は紀伊半島の東紀州側にある、紀伊半島南端ではもっとも大きな街だ。とはいえ人口は約3万人で、人口は減ってゆくばかりだ。

 僕はいま街頭で、「思い切って若者を応援する政治にきりかえよう。思いきって若い世代におカネをかけ、投資して、若者が地元で暮らせるようにしよう」と訴えている。

 「農業でも漁業でも、所得補償や価格保証の制度をつくり、地元で安心して働き暮らせるようにしよう」と訴えると、高齢の方も若者からも熱い反応が返されてくる。

 勝浦や古座でも話を聞いてくれた方が握手を求めてきた。「原さん、頑張ってください」という。訴えが胸に届いた瞬間だ。
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-22 20:56 | Comments(0)

 演説の深さ

e0258208_14434524.jpg



 演説というものの深さはやったものでないと分からない、というと異論が出るだろうが、10人の聴衆がいれば10通りの響きでその人たちに伝わってゆくものだ。

 そうなんだが、これだけは同じように伝えたい、分かってほしいという内容をどう話すのか、いつも悩むし原稿づくりで格闘する。その意味で、聴いて注文をつけてくれる感想はありがたい。

 感想のひとつに、ことさら方言を使う必要はないのでは、というご意見があった。ことさら使っているのではないんです。日頃から標準語をあまり使わないほうなので、急には出てこないのです。

 昨晩の和歌山市演説会には850人のみなさんが集ってくださった。一生懸命に訴えたが、振り返ると難点が見えてくる。この難点も、本人がそう感じているからといって聴衆もそう感じているとは、必ずしもいえない。「深さ」という意味にはそういうことも含まれている。

 要するに、なかなか難しいものなのだ。
 






 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-21 14:55 | Comments(0)

 この皐月の空に

e0258208_22592445.jpg


 県下縦断キャラバン宣伝の6日目が終わり、これから衆院3区地域に入ってゆく。紀ノ川筋、和歌山市と海南海草郡とまわり、いくつものドラマが生まれた。

 まわっていると、総選挙での「維新の会」のポスターが撤去されずに各地に残っている。最早、撤去する人手もなく、色あせくたびれた風情でわびしささえ漂わせている。

 フェイスブックに「方丈記」の冒頭を載せたが、歴史の流れにそむく者の哀れとはかなさをこの「会」には感じる。うたかたの夢を見たんだろうが、歴史は無駄に流れてはいないことを思い知るべきだ。

 大きな模索を国民が始めていることを肌で感じる県下縦断の日々。訴えが、この皐月(さつき)の空にひびき人々の胸に届けと思いをこめよう。




 
[PR]
by hara-yasuhisa | 2013-05-20 23:19 | Comments(0)


折ふしのうた


by hara-yasuhisa

プロフィールを見る
画像一覧

ホームページ
e0258208_23203916.jpg


原やすひさの動画はこちら

最新の記事

中村のおいやん
at 2017-11-26 13:42
 信号機もコンビニもない町で..
at 2017-10-29 12:55
息子の写真
at 2017-10-11 14:49
 夏が過ぎてゆく
at 2017-08-23 16:01
劉暁波の死
at 2017-07-15 09:54
潮香ただよう叔母の家
at 2017-06-29 14:18
もの言えば
at 2017-05-31 22:00
 戦争には行かせない
at 2017-05-03 20:00
 ゆう(息子)の誕生日
at 2017-04-07 09:55
 若い世代と学習
at 2017-01-27 16:06

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

最新のコメント

 ミルトスさん  ..
by hara-yasuhisa at 12:36
今回の選挙、共産党は残念..
by ミルトス at 21:40
 こねろくさん  ..
by hara-yasuhisa at 08:04
こんばんは、初めまして。..
by こねろく at 21:07
親父は今ある病気で同じ和..
by しもかわ at 23:33
親父からの伝言 こんどの..
by さちよ at 20:47
嬉しい報告です。 共に..
by 中津たかし at 23:50
ろうそくの灯りって、なん..
by 弘井淑子 at 23:27
ですね、負けてたまるか、..
by 弘井淑子 at 00:28
もうちゃん、お変わりござ..
by hara-yasuhisa at 22:47

検索

画像一覧


アクセスカウンター