若い世代と学習

e0258208_1558793.jpg


 若い世代の活動家のみなさんと始めた学習会も回を重ねてきて、次回から「家族、私有財産および国家の起源入門」(不破哲三著)の第6章にはいる。

 この入門書は、冒頭のいくつかの章が大変難解な問題をテーマにしている。難解な理由は、この数章が太古の時代の男女関係、太古の時代の婚姻形態を扱っているからである。学校で学習する人類の歴史の枠外がテーマで、この時代のことは若い世代でなくても厄介なものだ。

 モーガンは「文明時代は人類史の一断片だ」と言ったが、マルクスは「それもごくわずかな」と書き加えたと不破さん。人類史の曙に、人間が木からおりて二本足で立ってから数百万年だ。「社会」と呼べるような歴史を形成してから数万年だ。

 「人類の前史」のあとに来る「人類の本史」に生きるはるか未来の人間から見れば、現代とはどんな時代なのか。この「起源」の著者であるエンゲルスは、「・・・将来のすべての世代にとってつねにきわめて興味深い歴史上の一時代」としてふり返るだろうと書いている。

 人間社会の「前史」を終わらせ、未来社会を切り拓こうと奮闘している、今日を生きている若い世代の活動家にとって、この本は大きな世界観的確信を与えてくれるんではないだろうか。

 第5章「階級社会の一夫一婦婚」が終わった。さあ、次回は第6章「結婚と家族の日本史」・古代日本における恋愛と結婚」だ。


 (写真は、テキスト)
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2017-01-27 16:06 | Comments(0)

 ああ、稀勢の里

 白鵬の左が入り、攻め立てた。またこのパターンかとあきらめた瞬間だった、なんと稀勢の里が土俵に残り、白鵬が前に倒れたのだ。

 外人の力士が頂点に立つようになり、日本人の横綱は若乃花で途絶えている。多くの相撲ファンの熱い期待を一番感じていたのは、稀勢の里その人だった。

 その重圧に何度も何度もつぶされてきた。実力がありながら、ここ一番の勝負になかなか勝てない。だが、今場所は違っていた。横綱を破った瞬間、限界をこえた稀勢の里がいた。

 自分を信じて進んできた稀勢の里がそこにあった。飛躍が起きた。この一語に尽きる。負けた白鵬はきっとそれを感じたに違いない。

 これから、どんな相撲を見せてくれるのかは分からない。多分、またやきもきさせられる相撲をとるのかも知れない。稀勢の里は稀勢の里の相撲をとればいいのだ。 
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2017-01-23 21:33 | Comments(0)

 もっと日本語を

 この本には、

 「日本人同士で会話をしていて “そんなわかりにくい言葉を使わなくても……” と感じるようなことはありませんか? ビジネスにおける会話や、政治家、専門家の講義などに多いですね」と書かれていて、まったくだと思った。

 著者は、「無駄に多用されるカタカナ語は日本人が聞いていても違和感があることも多いですが、外国人から見るともっと不思議な気持ちになる」のだそうだ。

 『もう一度学ぶ日本語』(長尾昭子、デイビッド・セイン著)は、長い間、外国人に日本語を教えてきた長尾昭子さんと、英会話講師で多くの英語本の著者でもあるデイビッド・セインさんとの共著。

 そこでは、日本語に戻したいカタカナ語トップ10が紹介されている。

 1、リスペクトする ⇒ 尊敬する・敬意を表する
 2、ネグレクトする ⇒ 無視する・おろそかにする
 3、サーベイランス ⇒ 調査監視
 4、スキーム ⇒ 計画
 5、スクリーニング ⇒ ふるい分け
 6、トレーサビリティー ⇒ 履歴管理
 7、アジェンダ ⇒ 予定表・行動計画
 8、エンパワーメント ⇒ 権限付与
 9 コンソーシアム ⇒ 共同事業体
1 0、パブリックコメント ⇒ 意見公募

 どうだろうか。

 あたり前のことだが、どれも日本語のほうが分かりやすい、と思うのはぼくだけだろうか。なぜ、こうした言葉をカタカナ(英語)で言ったり書いたりするのだろうか。

 カタカナでなく日本語を使うことのほうが、相手の立場やこころによりそって自然な話ができるのではないだろうか。

 もっと日本語を大切にしてほしいと、せつに思うこのごろである。
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2017-01-20 22:52 | Comments(0)

 新しい日

e0258208_14483225.jpg


  照りかえす水面の陽ざしまぶたとじ波の音よせて逢いたかりけり

 ゆう(昨年亡くした次男)が好きだった地元の入り江に足をはこび、そこでの拙歌。
 ことしの元日は穏やかな南紀州の気候に辺りが包つまれたが、ゆうが欠けた哀しさを家族それぞれに胸にしまって新しい日を迎えた。

 4日早朝、仕事初の和歌山市役所玄関で市議団のみなさんと年はじめの宣伝をおこなった。握手を求められたり、「がんばってください、応援しています」と声をかけられたり。

 2日は10年来の恒例になっている紀伊半島探索に出かけた。熊野灘は穏やかにたゆたい、釣りをする人々がそこここにいた。

 南牟婁の山々は西牟婁や紀の川すじの山々とはまるで違い、見るからに人を寄せつけようとしない気配が漂っている。登ってみたい衝動にかられるが、いまはまだそのときではない。


(写真・・・4日朝、市役所玄関にて)
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2017-01-04 14:53 | Comments(0)

  いざ

e0258208_13541182.jpg


 いまの気持ちを正直にことばにするなら、「いざ戦場へ」、そんな感じだ。

 10代で日本共産党の一員になったころは、政治家になろうなどとは露ほどにも思ってなかった。社会進歩に貢献したいという思いは強くあったが、それは政治の世界とは結びつかなかった。他にもっとやりたいことがあった。

 それがどうしたことだろう、今回の衆議院選挙で国政へのチャレンジ9回目になる。この春、次男を亡くしてからは自分を責め後悔する日々が続いたし、いまも続いている。
 同時に、息子の脳腫瘍が再発する少し前にふたりで話したときのことも忘れられなかった。「またやったらええわだ」と、そんなことを息子は言っていた。

 
 息子の死から半年以上が過ぎた。いつまでもひとところにとどまっていてもアカンと、やっと思えるようになってきた。そういう矢先に衆議院選挙の話があり考えた。チャレンジするおやじを天国で見ていることだろう。
 
 安倍政治は戦後日本のなかで特筆すべきファッショ政治であり、民主主義という人類が到達した地点からみてぜったいに認められない政治だ。平和と民主主義をとり返し前進させるために総選挙にのぞもうと思っている。



(県党会議で、2区の下村候補ー右後、3区の楠本候補ー左後と決意を述べた)
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2016-12-24 14:23 | Comments(0)

 須江の風

e0258208_9281983.png



 かしわ谷を過ぎるあたりから
 道は曲がりくねった下り坂になり
 右手に折れる細い道をゆくと
 雑木林の向こうに
 あなたが育った家が見える
 わたしは
 その細い道をひととき眺めてから
 海辺に向かった
 晩秋の海は
 この季節に特有の深く透明な色で
 小さな砂浜にひたひたと波が寄せていた
 午後の陽がおだやかに落ち
 まるで小春日和のよう
 人の気配とてなく
 吹く風がほほを撫でる

 あの日
 母に頼まれて
 わたしは初めて巡航船に乗り
 叔母が病むこの島に来た
 雑木のなかの小道を抜け
 須江の海辺に降りると
 あなたは木陰にすわって
 デュ・ガールを読んでいたっけ
 わたしの会釈に軽くうなずき
 「・・・高校生?」
 とあなたはたずね 本を閉じた
 「・・・先月卒業しました」
 とわたしは答えた
 それから2時間も
 あなたはジャック・チボーについて
 わたしはケーキ創りの夢を語った
 早春の午後の出逢いだった


 あれから
 あなたは東京の大学に戻り
 わたしは神戸でパテシィエをめざした
 いくつかの手紙を書き
 いくつかの手紙が来た
 やがて
 それがまばらになって
 遠距離のときが
 それぞれに流れた

 神戸にいくから会わないかと
 あなたから1年ぶりの葉書
 懐かしい声がきこえるような筆使い
 元町の駅頭に来たあなたは
 黒のジーンズに白いシャツ
 手にはエンゲルスの本があった
 わたしが持っていったケーキをたべて
 ・・・これうまいなあ といって
 わたしを喜ばせた
 あれから
 ふたりの中間点の名古屋で
 なんども会ったね



 梅の香が漂いはじめたころ
 あなたの病が分かりました
 病室のベッドに横たわり
 ・・・こめんね とわたしに言い
 そうして
 初夏のころあなたは逝きました
 ただ泣き明かす日々が過ぎて
 いつの間にか
 わたしはこの島のすみずみに足を運び
 あなたを育てたこの須江の空気にひたり
 あなたにもらったデュ・ガールを手に
 小さな浜辺への道を降りてゆく
 そうして吹く風を体にうける

 わたしはいまもあなたを感じている



(あの頃のふたりにこの歌をささげます)
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2016-12-19 09:35 | Comments(0)

 太宰治について問われて

e0258208_13574939.jpg


  久しい以前から、小林秀雄、加藤周一、そして宮本顕治の3人の文学観につて書いてみようと思いつつ、それをまだ果たせていない。

 先日、とある若い人から太宰治の「人間失格」について問われた。「あんなに繊細な小説を上手に書く人がなぜ死を選んだのか」と。自ら死を選んだ作家は太宰だけではない。そのうち、川端康成と三島由紀夫の文学についての小論を数年前に書いたことがある。

 加藤周一はかつて、「私は生前の川端康成に何度か会ったことがある。静かで、少しも傲らず、他人への配慮に繊細なその人柄から、私は常にこの上もなくよい印象をうけた。また私は昔からの読者の一人として、その著作に現代の日本文学を読むことの大きなよろこびを見出してきたのである。その川端康成の死後今日まで、私には容易に消えない感慨がある。さらば川端康成。これは私の知っている川端さんへの『さらば』であるばかりでなく、私の内なる『川端的』なものへの『さらば』でもある。前者は死別の事実に係る。後者は―『訣別の願望』である。おそらくは容易に実現されないであろうところの、しかし断乎としてその実現に向うべきところの」と書いている。このくだりはなかなか味わい深く読んだものだ。

 これは明らかに川端康成への追悼だ。最後の『訣別の願望』は、宮本顕治が芥川龍之介を論じた「『敗北の文学』を―そしてその階級的土壌を我々は踏み越えて往かなければならない」というくだりと重なってくる。加藤周一が『敗北の文学』を意識して書いたのどうかは分からないが・・・。

 もうひとり、太宰治について宮本顕治は人気のある作家だからといって太宰治の自殺を批判的に扱わないことは危険だとして、次のように書いている。
 「これは典型的な自己破産の文学であり生涯である。大地主の子弟としての環境で育った田舎風の貴族主義と皮相浅薄な左翼くずれ的な時代潮流、実生活無能力と放蕩的無頼さと病弱-この地盤に咲いた文学的才能が彼の文学の総和である」と。こう言い切れるところが宮本顕治の評論の素晴らしさであり魅力である。
 
 加藤周一は「太宰治は戦後のひとつの心理状態を描いて多くの読者をつかんだ。太宰の描いたものが現代のある心理的な相をもし捉えたものだとすれば、それが否定的な現実であってもある種の評価は成り立つだろう」と、太宰は否定的な現実ではあるがそれ自体は真実を描いているのだと評価した。

 宮本顕治は「太宰の作品は真実だ、しかしだらしがない、というのでは批評の統一性がないと思う。だらしがないというのは、生き方のなかでも、彼の描写のなかでも、真実に対決する勇気が足りなかったという点がある」と、現実との対決を避け、真実をとらえていないと太宰を批判した。
 そして、「自分および社会の本質をつかむということが真実なんだから、そういう立場から見て彼の作品は致命的な弱点を持っている」と述べている。



 (写真は本宮町)
[PR]
# by hara-yasuhisa | 2016-11-19 14:03 | Comments(0)


折ふしのうた


by hara-yasuhisa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホームページ
e0258208_23203916.jpg


原やすひさの動画はこちら

最新の記事

息子の写真
at 2017-10-11 14:49
 夏が過ぎてゆく
at 2017-08-23 16:01
劉暁波の死
at 2017-07-15 09:54
潮香ただよう叔母の家
at 2017-06-29 14:18
もの言えば
at 2017-05-31 22:00
 戦争には行かせない
at 2017-05-03 20:00
 ゆう(息子)の誕生日
at 2017-04-07 09:55
 若い世代と学習
at 2017-01-27 16:06
 ああ、稀勢の里
at 2017-01-23 21:33
 もっと日本語を
at 2017-01-20 22:52

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

最新のコメント

親父は今ある病気で同じ和..
by しもかわ at 23:33
親父からの伝言 こんどの..
by さちよ at 20:47
嬉しい報告です。 共に..
by 中津たかし at 23:50
ろうそくの灯りって、なん..
by 弘井淑子 at 23:27
ですね、負けてたまるか、..
by 弘井淑子 at 00:28
もうちゃん、お変わりござ..
by hara-yasuhisa at 22:47
日本共産党応援ネット勝手..
by 琵琶玲玖 at 18:05
原ちゃんの才能には雑帽 ..
by もうちゃん at 19:15
土佐のことばもいいですね..
by hara-yasuhisa at 21:49
ヤマモモの木は「はそい」..
by 弘井淑子 at 23:43

検索

画像一覧


アクセスカウンター